2011年11月アーカイブ

FX取引にはいくつかのリスクがありますのが、
その中の一つに流動性リスクというものがあります。

流動性リスクとは、
市場での取引高や取引量が少なかった際に生じるリスクのことです。
そもそも「流動性」という言葉自体、FX取引以外でも経済学的に使われている言葉です。

流動性とは資産運用において、市場で投資商品が換金・交換しやすいかを表す言葉です。
この流動性にさまざまな影響を受けて変動しており、市場のクラッシュ、
自然災害、世界情勢などによってがくっと下がったりもします。

換金性が高ければ流動性も高いということになります。
当然ながら資産にはそれぞれ流動性があり、銘柄によっても違いがあります。

FX取引における流動性リスクは、
為替市場において取引する相手が見つからなかった場合や、
理想の取引高で取引できないときに生じる損失のリスクのことです。

海外を相手に取引しますので、世界情勢(政治的要因)、
世界の経済状況などが影響します。



このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。