国の成長性の変動で通貨レートが変わる

| コメント(0) | トラックバック(0)
為替レートは、その国の経済力が
上がっていくときに通貨価値が
高くなって動いていきます。

ですから、そのウイークポイントとなる
経済力の発展や下降状況を抑えていくと、
FXトレードのタイミングが見えてくるのです。

経済力が上がる要因にはたくさんありますが、
下がる例としては、東日本大震災による
原発事故は大きくなってきますね。

原発事故の後でその危険性の問題から、
今では殆どの原発は止められていて、
経済性への打撃が大きいのです。

ですから「原発運転の 全面的ストップ」
なんてことがニュースで発表されると、
通貨レートが動く要因としては大きいのです。

そして、通貨レートはかなり過敏な
状況になってきて いますので、
ちょっとの事でも為替レートが変動するので、
経済性へのチェックをやっていけば、
FXトレードのタイミングが見えてくると言えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biken-hanbaishi.net/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、bikenが2013年8月15日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイルール」です。

次のブログ記事は「円高と円安とFXの関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。