ネガティブ要素満載

| コメント(0) | トラックバック(0)

米長期金利は欧州時間に入っても振るわず、10年債利回りは1.74%の間を行ったり来たりの状態です。

 

お陰でドル円が上がる事は無く、103.6円辺りを推移しています。

 

昨日発表されたFOMC議事要旨の内容が、次の利上げヒントにはならなかった事。また中国貿易収支の結果が思わしくなく、ネガティブ要素満載です。ヨーロッパ株価の調子もあまり冴えないので、今日は様子見で行っても良いかもしれません。

 

さてアメリカ時間です。

 

心配になるのがハリケーンで、どうもアメリカの方に近づいているそうです。何も無ければいいのですが、もし直撃して被害が出ればドルにも影響は出るでしょう。

 

もちろん現地の人も、心配ですね。自然現象だけはどうしようもありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biken-hanbaishi.net/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、bikenが2016年10月13日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「円安でも円高でも勝てるのがFX」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。